増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


11月 13th, 2010

11月 13 2010

尿酸値が高い方へ…

 尿酸という言葉になんともやりきれないイメージをお持ちの方も多いと思います。今日はその尿酸のお話です。

○尿酸はどんな人が異常値を示すのでしょう
 では尿酸はどのようにできるのでしょうか?どうして尿酸が溜まってしまうのでしょうか?
尿酸はアルコール、とくにビールを好んで多く飲まれる方は尿酸が多く作られてしまいます。また食事が乱れている方も尿酸は溜まってきてしまいます。それは同じく尿酸を作りやすい肉・魚を多くとってしまうためです。

○高尿酸血症にはいろいろな原因があります。
 このように体内で作られた尿酸は、尿として体外に出されます。しかし、出しても追いつかないほど多く作られてしまったり、出す能力が劣ってしまったりしていると結果的に尿酸が体内にとどまってしまいます。この状態が高尿酸血症というわけです。
ちなみに日本人には出す能力が劣った状態、排泄低下型高尿酸血症が6~7割といわれています。

○治療法はどうなるでしょうか?
 では、治療法はどうすればいいのでしょうか?もちろんお薬を飲んでいただくことになるのですが、当然産生亢進型と排泄低下型では飲んでいただくお薬が違うことはご想像いただけると思います。
となると、自分はどちらの型なのか?ということが気になりますね。
そこで尿検査で判定するのです。
尿中の尿酸/クレアチニン比を測定して、0.5以上であれば産生亢進型、0.5以下であれば排泄低下型と診断して、飲んでいただくお薬を決めていきます。

今回は治療の基本的なお話でした、次回は治療上の注意のお話です。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.