増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


1月 21st, 2010

1月 21 2010

発熱時の対応~乳幼児の食事はどうしましょうか?~

熱があるのですが、食事のほうはどうしたらよいでしょうか?このような質問をされることがあります。

○水分摂取が一番大切
 発熱によって①基礎代謝の亢進②発汗による水分や塩分の喪失③消化器機能の低下などがあらわれてきます。その結果、脱水になりやすく体力を消耗しやすくなります。さらには食欲も低下し、胃での食物の貯留時間が延長して嘔吐しやすくもなり、水分を受け付けなくなることもあります。
 このような場合まず考えることは、おしっこが出るようになるまで水分を取ることです。何回にも分けて少しずつ与えると良いでしょう。

○経口補水液が適しています
水分摂取する際は経口補水液を用いた方がいいと思われます。それは体内で水分が吸収されやすいとされている、ナトリウムとブドウ糖の比が1対1に作られているからです。
その点スポーツ飲料はこの比に設定されていません。おいしく感じられて子供さんの受けがいいのですが、脱水予防には不向きです。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.