増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


1月 18th, 2010

1月 18 2010

ご家族に“ひきこもり”状態の方がみえるかたへ

 ひきこもりははっきりした理由や原因がわからないことが多く、ご本人ばかりでなくご家族にも助けが必要です。
愛知県ではメールによるひきこもりのお悩み相談をしています。

愛知県ひきこもりEメール相談

で検索してください。
ひきこもっている方の多くは「だれにも分かってもらえない」という孤立感や「周囲に遅れを取ってしまっている」といった焦りの気持ち「自分はどうなってしまうのだろう」といった将来への不安を抱えています。

こちらのサイトは愛知県精神保健福祉士の方とやり取りができます。

電話や面接では話しづらくても、メールならば好きな時間帯に相談できます。

一人で悩まずに、ご気軽に利用してみてください。

0コメント

1月 18 2010

解熱剤の使い方~本当は必要性ありませんが~

発熱は生体の防御反応であるため上がった熱をすぐさま下げる必要はありません。その一方で体温が下がることでお子さんの機嫌がよくなりご両親に安心感を与えてもくれます。

○では、どのような場合に使うといいのでしょうか?
 一般に38.5度以上で機嫌が悪かったり食欲が落ちているときなどに使います。
逆に元気がよく表情が穏やかな場合は使用しなくてもいいということになります。

繰り返しになりますが必要というわけではないので、使う場合は使うメリットを考えて使いましょう。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.