増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


1月 17th, 2010

1月 17 2010

発熱への対応~発熱のホームケア~

○室内環境の整備
  ポイントは“部屋の温度・湿度”“部屋における寝る位置”です。
 温度に目を奪われると湿度が下がり過ぎて肺炎や気管支炎ではマイナス要因になりかねません。また寝る位置で室温がかなり違うことがあります。真夏では同じ部屋でも10度くらい違うとも言われております。

○クーリング ~熱さまシートや冷えピタは効果が疑問視されています~
  上昇した体温を下げることは不快感を取るという意味でとても効果があります。子供さんの場合氷枕を嫌う傾向があります。しかし熱さまシートや冷えピタなどのジェル剤は、貼った部位だけ冷やすに過ぎないので体温まで下げることは期待できません。

○身体の部分的クーリング
  そもそも体温とは“血液の温度”のことです。血液の温度を下げるためには大きめの血管を冷やせばいいのです。大きめの血管が比較的体表に近いところを通るのは首・腋(わき)・鼠頸(そけい)部です。水を濡らしたタオルやガーゼを当てるとよいでしょう。

○全身的なクーリング~世界にはこんなことをしているんです~
  余談ですが、世界には様々なクーリング法があります。
例えばアメリカでは32度くらいのぬるま湯に体全体を浸ける方法を取ったり、ロシアではウオッカに浸したタオルで身体を拭いたりします。
とても日本人には出来ませんね。

○水分摂取
発熱で水分は蒸発します。それゆえ水分摂取は大切な治療になってきます。
 基本的には母乳・ミルクを含めてどんな水分でも良いとされていますが、下痢を伴っている場合糖分を含んだ物がよいとされています。最近では経口補液に適した飲み物   (OS-1、ORS)が市販されているので、利用されるとよいと思います。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.