増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


1月 12th, 2010

1月 12 2010

子どもの発熱~まずは平熱を正しく知りましょう~

○子どもの平熱って…?
 子どもの平熱は…
   乳児(1歳まで)…36.3~37.4度
   幼児(年長さんまで)…36.5~37.4度
   小学生以上…36.5~37.4度
 といわれております。よって37.0度を超えていても“発熱”とは言えない場合があります。発熱の目安として『37.5度以上』と覚えておいていただきたいものです。
○子どもの発熱の目安
  子どもの平熱は成人より高めで、子どもが小さいほど高い傾向にあります
では発熱の目安は年齢によってどのように考えればよいのでしょうか?
   新生児(生後28日まで)…38.0度以上が持続
   乳児…37.5度以上が持続
   幼児・学童…37.0度以上が持続
 子どもは年齢によって平熱の上限が違います。また、子どもは一般的に発熱に強いので、37.0度程度の発熱でも元気にしていることが多いものです。
しかし37.5度を超える発熱が続くときにはお医者さんに相談しましょう。
○学校から帰ってきたら、熱が…!  チョット待ってください!
  一般的に体温は午前中は低めで、午後になると高くなるという特徴があります。体温は変動するのです。

体温を正しく測って、正しく病状を把握しましょう。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.