増田医院 ペインクリニック・内科・小児科・皮フ科 診療時間内に予約を受け付けます 0120-19-1615 午前9時~12時 午後4時半~6時半 ただし水曜日午後と土曜日午後および日・祝日は休診


1月 7th, 2010

1月 07 2010

女性の高血圧~年代で原因がかわります~

 女性の高血圧にポイントを絞った文章を見る機会はあまりないかと思いますが、今日はその“女性の高血圧”のお話をしようと思います。

○何かの病気に合併する高血圧~二次性高血圧は若い年代の女性に多いです~
 若い女性の平均的な血圧は110/60mmHgくらいですが、140/90mmHgを超えると高血圧とされます。しかも、若い女性の場合何かの病気に合併する“二次性高血圧”が多いとされています。
では、その原因はどんなものがあるでしょうか。
○血管性の疾患
  腎臓の血管が狭くなる病気があります。腎血管性高血圧症といいますが、これは若い
女性に多く、原因となりえます。
○内分泌疾患
  甲状腺の働きが以上に活発になる甲状腺能亢進症、副腎のクッシング症候群やクッシ
ング病、などがあります
○膠原病
  全身性エリテマトーデスというリウマチの仲間の病気があります。

若い女性の高血圧は数としては少ないのですが、何かの病気に合併してくることが多いのです。体調がすぐれない時には血圧測定も行うようにしてください。

○中・高年齢者の高血圧~ホルモンバランスがポイントです~
  閉経後や更年期の時期に起こることが多くエストロゲン・ウィズ・ドローアル症候群というように表現される先生もいらっしゃいます。女性ホルモンが減少することで、糖代謝や脂質代謝などの異常が現れてきます。その結果肥満傾向になり、血圧が上昇してしまいます。

0コメント

ページトップへ

Copyright © 2009 増田医院. All Rights Reserved.